耳鼻咽喉科の看護師求人に応募する前に〜志望動機は明確に!〜

耳鼻咽喉科は大学病院や総合病院のように規模の大きな病院からの求人よりも、個人経営のクリニックから出される求人の方が多いという特徴があります。地域に密着したロケーションにあるクリニックも多く、自宅から通いやすい場所だからと長期間のブランクを経て復職を希望する看護師も少なくありません。

 

病院によっては院内オペを行ったりすることもあるため、看護師としての経験や知識はもちろん、耳鼻咽喉科の専門的な知識などを求められるケースもありますが、クリニックによって看護師に与えられる仕事内容は大きく異なるので、専門的な知識や経験がなくてもOKというお仕事もたくさんあります。少しでも採用されやすくするためには、自分の知識レベルや実力に合った転職先を見つけるようにしましょう。

 

夜勤や残業がほとんどない耳鼻咽喉科クリニックでは、仕事と家庭を両立させたい人がたくさん応募します。離職率も高くありませんから、数少ない求人に対して激戦になることは必須。その中で自分が採用されるためには、履歴書の記入方法から面接での対応まで、全てのプロセスで面接官に好感を与えるような工夫が必要と言えます。面接での印象は配属先にも影響しますから、面接で必ず聞かれる「志望動機」は特に、自分の目標や目的、適性などを踏まえながら考えたほうが良いでしょう。面接で聞かれる項目だからと履歴書の志望動機をブランクで提出してしまう人もいますが、これは避けたほうが良いでしょう。