未経験で耳鼻咽喉科の看護師求人に応募する際の注意点

耳鼻咽喉科は、大規模な病院よりも小規模なクリニックが多いため、看護師としての経験や知識があれば、耳鼻咽喉科に関する専門的な知識が少ない未経験の人でも挑戦しやすい診療科目と言えます。ただし、小規模なクリニックと言っても、院内オペを行っているクリニックは未経験の看護師にとってはハードルが高くなってしまうので控えたほうがよいかもしれません。経験が少ない場合には、まずはオペを行わずに診察や検査、採血、注射など基本的な医療業務をこなしながら専門的な知識や経験を学んだほうがよいでしょう。診療科目に関わらず、規模の小さな病院では、1人の看護師に任せられる仕事の範囲が多くなると同時に、責任も大きくなります。そのため、看護師としての経験が少ない人や、まったく専門的な知識がない人の場合には、まずは基本的な知識や技術を身に付けられる病院でしっかりと勉強してから、規模の小さなクリニックへの転職を考えるという方法もおすすめです。

 

他の科目での経験はあっても耳鼻咽喉科での経験がないという場合には、求人に応募する際にはなぜこの科目を選んだのか、志望動機をはっきりさせたほうがよいでしょう。もちろん、「自宅から通いやすい」「夜勤がない」という理由も悪くはありませんが、面接担当者が好印象を持ってくれるような志望動機があったほうが採用につながりやすくなります。この科目でたくさんの症例を経験しながらキャリアアップすることもできますから、キャリアやステップアップに結び付ける志望動機も良いかもしれませんね。