ハローワークでよく見る耳鼻咽喉科の求人には要注意!

小規模なクリニックが全国各地にたくさんある耳鼻咽喉科。小規模で病床を持たない医療機関なら、そこで働く看護師にとって夜勤がないため、仕事と家庭を両立しやすい職場として人気があります。離職率が低く、少ない求人数に対して大勢が応募することが多いため、多くの場合にはハローワークではなく、転職支援サービスを使って紹介されるのが一般的。地方ではハローワークでも紹介してもらえることが多いのですが、都市部においては転職支援サービスを使った転職活動が広く浸透しているため、ハローワークで紹介されるお仕事には注意が必要です。

 

頻繁に求人募集されているお仕事というのは、看護師の数が常に不足している総合病院か、看護師がなかなか続かずにすぐに辞めてしまうような職場という可能性もあります。もちろんハローワークで紹介されるお仕事がすべてそういうものとは限りませんが、条件や待遇も良く魅力的なお仕事なのに、大勢が目にして応募できる方法で紹介されている場合には、もしかしたらと疑ってみる必要はあるかもしれませんね。

 

転職支援サービスでは、登録するとプロのカウンセラーが担当して転職活動をサポートしてくれます。プロの視点で的確なアドバイスをしてくれたり、職場の雰囲気や環境に関しても情報収集できるので、満足度が高い転職先を見つけやすいのが魅力です。転職してからガッカリしたり、後悔したりしたくないなら、転職支援サービスを使った転職活動がおすすめです。