【総合病院・大学病院の耳鼻咽喉科】求人の特徴・探し方・働き方について

小規模なクリニックが圧倒的に多い耳鼻咽喉科ですが、総合病院や大学病院にも設置されている診療科目なので、看護師の求人も頻繁に見つけることができます。大学病院や総合病院では病床数に応じて必要となる看護師の数が決められているため、求人が年間を通して随時行われているという医療機関も少なくありません。

 

ここで注意したいのは、病院によって特定の診療科目へ勤務する看護師求人が出されているケースもあれば、病院に採用された後は経験やニーズに合わせて配属先が病院によって決められるというケースもあるということ。特にそれまで耳鼻咽喉科での経験が少ない人にとっては、希望しても別の科目へ配属されてしまう可能性もあるので、注意したほうがよいでしょう。

 

大学病院や総合病院では病院の規模も大きく、毎日たくさんの外来患者や入院患者の対応をすることになります。そのため、短期間でも多くの症例を経験できるので、看護師としての経験を積むには理想的な職場と言えます。ただし、不規則なシフト勤務で働かなければいけませんし、残業なども場合によっては必要となるため、仕事と家庭を両立させたい人なら、院内や敷地内に24時間体制の保育施設が完備されている医療機関を選ぶという方法もおすすめです。キャリアアップやステップアップするには理想的な職場が多いため、耳鼻咽喉科で専門的な知識を身に付けたい人にもおすすめ。転職支援サービスなどを利用して、できるだけ希望に近くて、満足できる転職先を見つけたいですね。