長期ブランクから耳鼻咽喉科に復職する際の注意点

結婚や出産、育児のために看護師としての仕事から離れていたけれど、また資格を活かして復職したいという人は少なくありません。医療の技術は目覚ましく進歩を続けているため、数年間だけでもブランクがあると、浦島太郎のようになってしまうことも十分に考えられます。専門的な知識が最新のものでなかったり、看護師としての基本的な知識や技術に自信を失くしてしまうために、復職したくても踏みとどまってしまうということもあります。しかし、長期ブランクがある復職希望者でもOKという求人はたくさんあるので、ブランクがあっても復職したい人はぜひ挑戦しましょう。

 

これまでの看護師としての基本的な知識や経験はあるわけですから、復職後には仕事と家庭を両立させたいという人も多いでしょう。その場合には、小規模なクリニックが多い耳鼻咽喉科もおすすめです。専門的な知識はなくても院内オペを行わないクリニックなら実務から症例を学んでいくことができますし、看護師としての基本的なスキルがあれば、残業や夜勤も少ないので働きやすい環境であることは言うまでもありません。転職前に浦島太郎状態になっている部分をできるだけ補って自信を取り戻したい時には、自治体や病院、また転職支援サービスが開催している研修やセミナーに参加するという方法もおすすめです。こうしたセミナーや研修会では、最新の医療知識を復習できたり、注射など実務研修も行うので、自信を取り戻して復職できるはずです。