耳鼻咽喉科の看護師求人に応募する時の注意点

大学病院や総合病院からの看護師求人よりも、個人経営の小規模なクリニックからの求人の方が圧倒的に多いのが耳鼻咽喉科の特徴です。離職率も比較的低く、クリニックの数に比べると看護師募集の数はそれほど多くないです。募集もされていますが絶対数が少ないために探していてもなかなか見つけられないことが多いようです。

 

耳鼻咽喉科でのお仕事は、病院によってどこまでの範囲を取り扱うかが異なります。オペを行うかどうかによっても勤務する看護師に求められるスキルや知識等は大きく異なりますし、経験がそれほど多くない人でも転職できるかどうかも大きく異なります。また、院内でオペを行うかどうかによって、スタッフのお給料も大きく異なるようです。

 

すでに大学病院や総合病院などでのオペ経験などがあったり、この診療科目における専門的な知識を持っているという人なら、オペを行っている病院への転職を考えたほうが、知識や経験を活かして高収入が期待できる仕事が見つかりやすいと言えるでしょう。ただし、大きな病院では採用後に別の科目に配属されてしまうリスクがあるので要注意です。必ずこの科目へ配属されるためには、専科の医療機関を選ぶこともおすすめです。

 

一方、経験や実績が少ないけれど、この診療科目で働きたいという人なら、給料はそれほど高額でなくてもオペを行わないクリニックへの転職を考えたほうが、採用につながりやすいと言えます。どんな看護をしたいのか、どんなキャリアにしたいのか、目的や目標、考え方をはっきりしたほうが転職先を見つけやすくなります。病院によってお給料の幅が広いので、求人を探す際にはそうした点も比較検討してくださいね。

希望に近い、耳鼻咽喉科のある病院・求人を探す方法

大規模な病院よりも小規模なクリニックが多い耳鼻咽喉科。規模が小さな病院は病床を持たないところも多いですし、地域に密着したロケーションに存在する病院も多いため、自宅の側で看護師の資格を活かして働くことも十分に可能です。少しでも自分にとって条件が良く、満足できる求人を見つけるには、どのように探すのが良いのでしょうか?

 

小規模のクリニックからの求人は、いくつかの方法で募集されています。まずは、クリニックの中や入り口に出される張り紙。実際に近くを通りかからなければ見つけられないというデメリットはありますが、タイミングよく見つけることができれば、競争率も低くて採用されやすいというメリットが期待できます。

 

ハローワークや転職支援サービスを利用して求人を探す方法もおすすめです。この方法は、仕事をしながら効率的に条件が良く希望に近い耳鼻咽喉科への転職をしたい人にとっては最も効率的な方法と言えるでしょう。特に転職支援サービスなら、希望する条件でたくさんの仕事を絞り込めますし、病院ごとに力を入れている分野をチェックしながら仕事選びができたり、質問などは担当スタッフに確認してもらうことも可能。分からない事にはプロのアドバイザーが的確なアドバイスをしてくれるので、自分の能力や経験を最大限に活かした転職先を見つけやすいというメリットも期待できます。また、自宅から少し距離があっても条件が良いクリニックなども見つけやすいので、広い範囲で転職活動がしやすいのも転職支援サービスの魅力と言えるでしょう。

辞め方と転職の仕方で今後の看護師人生を左右することも・・・

耳鼻咽喉科の求人を探している理由として、例えば、以下のような理由があると思います。

  • 急性期医療を辞めたい
  • 夜勤をやめたい
  • 病棟勤務を辞めたい
  • クリニックを辞めたい
  • オペ室を辞めたい

など。
どの場合にも、うまく次へのステップを踏み出すことが大切です。ナースの世界は意外と狭いものですから、自分に余裕のないときでも、自分の行動には責任を持ちましょう。
人間性を疑われるような行動は、辞める場合であっても絶対によくありません。

 

出典:今の職場を辞めたい看護師の進むべき道【転職先と最善策】http://xn--n8jtc0b5d1d833ub1nfilqr8c8xthv1alok.com/